こだわりすぎると建材費用がかかる

建売住宅や分譲マンションは価格が決まっているので予算内の物件を探せばいいでしょう。注文住宅は自分たちの好みで建てていくので最初は建てるのにどれくらいかかるかわかりません。予算を無視して希望をどんどん出していくときもあれば、最初に予算を決めてそれに収まるよう設計してもらうときもあります。建築費用としては木材などの材料や建築に携わる人の人件費などがあります。あまりこだわりを入れすぎると特注の建材が必要になり、建材費用が通常より高くなってしまいます。同じような木材でも既製品と特注品だとかなり変わるときがあり、予算を決めているならこだわりを抑えた方がいいかも知れません。予算内で設計をするのを得意としている建築士もいるので相談すると良いでしょう。

建材費用が抑えられる注文住宅もある

注文住宅には設計を一から行う方法があり、この方法だと建材の多くが特注品になります。その分いろいろこだわれますが、かなり費用がかさみ予算オーバーしてしまうかもしれません。注文住宅の建て方として既製品の建材を使う方法があり、こちらであれば建売に近い価格で建てられるときもあります。住宅メーカーなどは建材を共通化して安く建てる方法を取っていて、似た建物を見かけたりするかもしれません。注文住宅においては大まかな部分は住宅メーカーの設計図を使い、設備や間取りなどにおいて細かく設計してもらって建てていきます。あくまでも注文住宅なので世界に二つとない家が建てられますが、費用は抑えられるでしょう。建材費用が抑えられれば設備などに回せるかもしれません。