建ぺい率とは一体何か

建ぺい率とは、敷地面積に対する、建物の面積の割合のことを指します。行政によって、その土地の建ぺい率の上限が定められており、それを超えて建物を建てることはできません。つまり、100平米の土地で、建ぺい率が70パーセントに定められている場合、建築面積は70平米以内にしなければならないのです。建ぺい率を調べるには、市役所の建築指導課や、都市計画課に問い合わせるという方法があります。また、その土地の用途地域を調べ、そこから建ぺい率を導き出すことも可能です。ただし、建ぺい率には、防火地域や角地の場合などにはその数値が緩和されるという仕組みがあります。そのため、その土地の状況に応じた建ぺい率を用いることが大切です。

建ぺい率に含まれないもの

建ぺい率の計算に用いられる建築面積とは、真上から建物を見下ろした時、すなわち水平投影面積のことを指します。一階と二階の面積が異なる場合は、広い方の面積を用いなければなりません。ただし、建築面積には含めない、例外の部分もいくつかあります。その中のひとつには、軒や庇、はね出し縁等があります。これらが外壁等の中心線から1メートル以上突き出している場合、軒等の先端から1メートル後退した範囲は、建築面積には含めません。また、高い開放性を有する構造や出窓についても、規定の条件を満たしているものに関しては、建築面積不算入となっています。プランの自由度にも関わってくるため、建ぺい率の計算方法は正しく理解しておくことが大切です。

コロナ禍でのリモート勤務への転換が進む中、賃貸のような改装に制限がない分譲住宅需要が高まっています。とくに、通勤距離のデメリットがなくなるため、郊外の物件の人気も高まっています。